多くの美容室では指名制度を設けていると思いますが、あなたは指名を受けることができていますか?今の状況に満足していますか?指名数を増やしたいからこのコラムに来てくれたのではないでしょうか。そんな向上心の高い皆さんならNo.1になることも夢ではありません。指名数を増やす、つまり人々から必要とされて選ばれるために大切なことを、話題の人気美容師から学んでいきましょう。

業界トップクラスの美容師の仕事に向き合う姿勢

優れた実力を持ち、輝かしい功績を遺している美容師はたくさんいますが、今回はその中でも『選ばれる条件 こうやれば、突き抜けられる』を共著した木村直人氏とエザキヨシタカ氏の2人をご紹介したいと思います。というのも美容師である以上、一定レベルの技術を持っていることは間違いないですし、ただ上手いだけの美容師なら大勢いるので技術面で比べることは難しいからです。

しかし、この2人は巧みな技術もさることながら、「仕事に対するマインド」が特出しています。ただお客様のヘアスタイルを変えるだけでなく、本当の美を追求して新たな商材を生み出したり、美容師の社会的な地位向上を目指したりと、その活動の幅は広がり続ける一方です。それは彼らが美容師としての「生き方」にこだわっているからでしょう。

また、本当に技術を向上させたい、できる施術を増やしたいというのであれば、実際に自分の目で見て学ぶことが大切です。そこで美容師としてお客様に選び続けてもらうために大切な心構えを、2人の共著『選ばれる条件 こうやれば、突き抜けられる』よりかいつまんでお伝えしようというわけです。

それでは、本題に移る前に少しだけ2人のことをご紹介します。

木村直人

髪を通じて女性の「像」を作り続ける事にこだわる、airが誇るユーティリティプレイヤー。代表作「グラデーションカラー」をいち早く世に送り出し、ヘアカラーに対して常に斬新な価値観を持ち、新たな創作をし続ける。ヘアカラープロデュース、パブリックシャンプープロデュース、LINEスタンプディレクション、ヴァーティカルメディア編集長、書籍出版(2013発売の著書はAmazonランキングビューティ部門1位獲得)と女性に対して「美」という視点からの仕掛けは止まる所を知らない。また、ネットコンテンツではオンラインサロン「マルチバース」を主宰し(会員約500)、業界内外問わず常に先を走る仕掛けをし、作り続けている。個人で運営する「naotokimura.tokyo」は月間200PV、年間で1000万人以上が閲覧するモンスターメディア。常に先端のツールを使いこなし、結果に結びつける所から、講演、対談、自身の生き方に関しての取材が後を絶たず、業界を飛び越えた「社会」に対して、「美容の在り方を問う」アクションを続けている。

引用:木村直人 air ディレクターの公式メディア「naoto kimura.tokyo」

全国に多数の店舗を展開している実力派サロンairに所属しているカリスマ美容師です。そして上記から分かる通り、ただ髪をカットするだけに留まらずに美容師としての枠を自ら破って多方面から「美」に向き合っています。トレンドやブームを作り出す鋭いセンスと、既存の枠や常識にとらわれない斬新な価値観を外に出していく圧倒的な熱量とバイタリティーを持ち合わせた稀有な人財です。

air-GINZA tower【エアーギンザタワー】

〒105-0004
東京都港区新橋1-4-1 wamiles銀座タワー1F/2F

エザキヨシタカ

2009年原宿に「grico」をオープン。業界を代表する美容師として、数々の業界誌・ファッション誌で、表紙・巻頭・連載企画を担当。また、芸能人やモデル、コレクションのヘアメイク、国内外セミナー講師、日本を代表するメーカーとのスタイリング開発などで活躍。美容師の新しい在り方作りとして、アパレル業や、イベント企画、コンサルティングなど常に新しいアプローチを仕掛け、芸能人、著名人等と共に、美容業界以外でも多くのメディアから注目されている。「マルチバースオンラインサロン」「JAPAN7」を主宰。2016年には大阪心斎橋に「BECCO」、原宿に「TORA」をオープン。2016年ミルボンにてスタイリング剤「ジェミールフランジェルクリーム」、2017年「Maクリーム」、2018年中野製薬にて「モデニカナチュラル」、2019年「モウコーン」を開発。

引用:grico公式サイト

KAMI CHARISMA2020」に選出され、WWD Beautyに数回に取り上げられている凄腕美容師です。一緒に働くスタッフやお客様に対してどこまでも真っすぐに愛情を持って接し、相手の期待を超えた「感動」を提供しています。常に「相手のために」と他者を思いやり、それを実現するための抜きんでた発想力と行動力を持つ傑出した才能を持つ人物です。

grico(グリコ)

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-14-12モード・エス 2F

参考:WWD JAPAN.com「美のミシュラン?! 都内82人の美容師を選出しランク付け「カミカリスマ ヘアサロンガイド」誕生」
参考:WWD Beauty「4時間5万円という新たな美容師像を計画中 「グリコ」のエザキヨシタカの展望」

選ばれる人になるための思考法7選

引用:『選ばれる条件 こうやれば、突き抜けられる』木村 直人・エザキ ヨシタカ(共著)DMM PUBLISHING

立場や得意とすることは違うものの、常に業界の最前線に立って美容師を牽引していく存在であり、お客様はもとより多くの人々に選ばれ続けているという共通点を持つ2人。彼らは物事をどう捉え、どんな風に向き合っているのか、その考え方や姿勢を7つピックアップしました。独自の解釈も交えながらご紹介していきます。

①芯が強く揺るがない

2人に共通するのは「これだけは絶対に譲れない!」という信念の強さです。それは群を抜いて秀でた技術だったり、仕事をする上での確固たる想いだったりといろいろですが、いずれも自分の軸というものがあり、他人からの評価や環境に惑わされません。たとえばエザキヨシタカ氏は「人を幸せにしたい」という想いをずっと抱き続け、目の前にいる相手を幸せにしたいという想いでは誰にも引けを取らない芯の強さがあります。

ただし、芯が強いのと気が強く頑固なのとは違います。自分を貫くことも大切ですが、周囲に耳を傾けて柔軟に受け止めることも必要です。ただ固いだけではなく、しなやかで強い芯を持っている人が選ばれる人です。

②好きなこと・得意なことを磨いて極める

どんな人でも好き嫌いや得手不得手はあります。苦手を克服することはもちろん重要ですが、突き抜けるためにはやはり自分に向いていることでないと難しいでしょう。カリスマ美容師と呼ばれる2人ですが、果たして同じことをしているでしょうか?違いますよね。一番分かりやすいのはオーナーかディレクターかの立場の違いです。それぞれの強みを活かして自分の土俵で勝負しています。

とても極端な例ですが、どんな施術もまあまあできる美容師と、ショートカットしかできないけれど誰よりも上手い美容師がいたらどうでしょう?ショートカットを希望する人はみんな後者を選んでくれるでしょう。ですが前者の場合は特色らしい特色がないので、自分だけの強みを持つ他の美容師にお客様を取られてしまいます。値段が手ごろ、場所が近いなどの理由で来店してくださる方もいるでしょうが、それでは「選ばれる」とは言えません。

ですから、まずは自分の好きなことや得意なことを探り、強みを理解することが大切です。そのうえで強みを伸ばしてください。好きこそものの上手なれとはよく言ったものですね。たゆまず努力すれば誰でも突き抜けるだけの素質はあるはずです。そうすればおのずと自分に合った働き方も見えてくると思います。

③自分のイメージを作るのは自分自身

あなたの尊敬する人、または憧れる人は誰ですか?頭の中でその人の私生活を想像してみてください。自堕落に過ごしていたり、だらしない服装をしていたり、怠惰でだらけた様子が浮かびますか?ほとんどの方はきっちりした姿を想像するのではないでしょうか。それは、その人がしっかりした人間であるというイメージを皆さんの中に作っているからです。周りから尊敬や憧れの念を集める人は、自分の発言や態度、行動、服装すべてに気を遣い、自分自身のイメージを作り上げています。

本の中でエザキヨシタカ氏は人間をカメレオンにたとえています。憧れられるか、はたまた失望されるかは相手に委ねられているわけではありません。すべては自分の心がけ次第です。どんな人間になりたいか、どんな風に見られたいかは自分でコントロールできます。

④常に「相手」がいることを意識する

木村直人氏は、どうしても成し遂げたいことがある人や向上心の高い人ほど他者のことまでよく考えていると述べています。「自分こそが」と高いビジョンを掲げる強欲さだけでは目指す場所へ到達できないからです。生活を営み、仕事をしていく中で、あなたはどれだけの人と関わっているでしょうか。細かく見ていけば数えきれないほどたくさんいるはずです。そういった人々がいないと目標を達成することはおろか仕事すら成り立ちません。したがって「相手」のことを考えるのは必然と言えます。

自分の目的のために動いてもらうにはどうしたらいいか。答えはシンプルです。相手のために何ができるか考え、行動しましょう。返報性の原理(何かしてもらった時に「お返しをしなきゃ」という気になること)と心理学では言われています。やりたいことや夢を強く持っている人ほど、利己心を捨てて他者のことを思いやる精神が大切です。

⑤自己投資を惜しまず、学ぶことに貪欲になる

類は友を呼ぶとよく言うが、実際にその通りで素敵な人の周りには素敵な人が集まります。エザキヨシタカ氏はそういう人を「いい色」を持つ人と表現しており、高みを目指したいのであれば自分自身が「いい色」を持つことは必須だと言っています。では「いい色」を持つにはどうしたら良いのでしょうか?彼は自分の内面を磨くために自己投資することを勧めています。

知恵の詰まった本を読んだり、「いい色」を持った人に会ったりと投資の仕方はいろいろですが、とにかく優れた人に学ぶことが必要不可欠です。そのためには今いるコミュニティとは違うコミュニティと接点を持ったり、時には業界や年齢を超えて学んだりすることも大切だと木村直人氏も言及しています。すべてが自分の理想や夢に繋がっていると思って美容以外のことにも目を向けてみると、今までとは違った発見があるかもしれません。

⑥自分で限界を作らない

知り合いに「夢は世界平和」と公言している女性がいます。こんな突拍子もない夢を堂々と言える大人はどれだけいるでしょうか。ですが、こうやってどんどん周りに目的や理想像を伝えていくことが大切なのです。周りに伝えていけば必ず実現させようと自然に思えますし、それによって心持ちや行動も進化していきます。

また、自分の夢に共感して応援してくれる人や、一緒になって夢の実現に協力してくれる人も現れるかもしれません。「こんなこと自分にできるはずない」、「やりたいことはあるけれど、話したら笑われそう」などと尻込みしていたらいつまで経っても叶えられません。限界を作るのはいつだって自分自身です。あなたが「できる!」と本当に思っていて、それを周りにも発信していったならきっと実現できます。

⑦理由や目的を伝える

お客様が「この人にしか任せられない!」と思うのは、何のためにカットやカラーをするのかを的確に汲み取ったうえで、なぜこの切り方や薬剤を選んだのかを説明し、仕上がりに満足した時です。

単に毛先を整えたいだけなのか、恋人に可愛く見られたいからなのか、イメージを変えたいのか……ひとえにカットと言ってもお客様の目的はさまざまですよね。それに合わせて施術内容も変えていくわけですが、多くのお客様はプロではないので工程の変化や技術の差は感じづらいのです。したがって、具体的に施術内容を伝えることで自分のために考えてくれているのだと分かってもらえます。

多くの美容師はこの過程をさらっと流してしまっているので、ここを意識するだけでも他の美容師と差がつき、「この施術ができるのはこの人しかいない」と思わせることができるのです。説明するのは施術前・施術中・施術後のいつでも良いのですが、特に施術前と施術後の2回説明したほうが印象に残りやすく、「イメージ通り(またはイメージ以上)に仕上がった!」とより満足してもらえると思います。

参考:『選ばれる条件 こうやれば、突き抜けられる』木村 直人・エザキ ヨシタカ(共著)DMM PUBLISHING

参考にすべき女性カリスマ美容師

メインでご紹介したカリスマ美容師は2人とも男性なので、最後に女性のカリスマ美容師についても少し取り上げます。ご紹介するのは、20203月にリリースした日本初のVRを活用した美容師向け教育サービス「hairVR」に出演している野々口祐子氏と高橋あや氏です。それぞれが自分の強みを活かした仕事をしており、確固たる信念のもと幅広い分野で美容師としての活動を広げていっています。

ちなみにhairVRについては「外出自粛期間を有意義に使いたい美容師必見!最先端hairVRで技術を高める」で詳しく説明しているのでこちらをご覧ください。

野々口祐子(SYAN)

2013年4月に「SYAN」を立ち上げたオーナースタイリストです。「優しく柔らかい印象の中に凛とした強さを持った女性」をヘアスタイルで表現することをコンセプトに掲げ、常に最高のクオリティで施術を提供しています。優れた観察眼でお客様の一挙一動から悩みや要望を汲み取り、その人に一番合ったスタイルを作り上げていくのが強みです。

枠にとらわれない考え方と持ち前のセンスの良さ、そして高い技術力から、雑誌・ブランドカタログ・ブライダルのヘアメイクの依頼が来ることも少なくありません。hairVRだけでなくセミナー講師としても活躍しており、美容師の育成と美容業界の発展のために惜しみなく技術を披露しています。

参考:SYAN公式ホームページ

SYAN【シアン】

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-13-9 Omotesando LH Bld. B1

高橋あや(Luxe

一人ひとりの髪質を活かしたナチュラルでその人らしいヘアスタイルを追求する、Luxeのトップスタイリストです。女性ならではの感覚で、お客様の気持ちに寄り添った提案をしています。ビューティー&アートディレクターとして、ヘアスタイルだけでなくメイクやコーディネートまで美容に関する幅広い相談を受ける、女性から圧倒的な支持と信頼を集める美容師です。

その豊富な知識と独自のセンスが評価され、美容業界誌・ファッション誌・Webの撮影やセミナー等でも活躍しています。常にユーザー目線になって自分のできることを模索している、思いやりとバイタリティーに溢れたスタイリストです。

参考:Luxe公式ホームページ

Luxe【ラグゼ】

〒107-0062
東京都港区南青山4-21-23 宮田ビルB1

選ばれるかどうかはマインドセット次第

美容業界の先頭を走っている木村直人氏とエザキヨシタカ氏は常に最高のものを模索し、これからの美容師の在り方や美容業界の行き先まで見据えて動いています。幅広く活躍する彼らのマインドセットは、美容師だけに限らず異業種の人々にも役立つでしょう。

一つ一つのことは簡単なことかもしれませんが、同時にできる人、ずっと継続できる人は少ないと思います。まずは手を付けやすいものから一つずつ確実に自分のものとしていくと良いのではないでしょうか。このコラムを読んでくださったあなたがなりたい自分になって活躍できるよう、陰ながら応援しています。