「お客様は来るけれど客単価が低い」、「売り上げを伸ばすために何かやりたいけれど、良い案が浮かばない」。そんなあなたに朗報です!エステ・リラクゼーションサロンで確実に利益を上げていくために集客すべきミドル世代事情についてまとめました。ミドル世代をメイン顧客に据えるメリットと、売り出し方を提案していきます。介護脱毛と更年期障害対策の二本立てでお届けするので、最後まで見ていってくださいね!

なぜ今ミドル世代をターゲットにするのか

一般的に、ミドル世代とは35~55歳の人々を指します。過去コラムでも述べたように、ミドル世代は育児の山を越え、ひと段落ついた人が多いです。

しかしながら、年齢を重ねるごとに老化に伴う身体の衰えや親の介護、老後の不安などが出てくる時期でもあります。今まで子どもに使っていた時間やお金を自分のために使えるようになったこともあり、きっかけさえあればサロンに通う意思決定は他の年代よりしやすい傾向にあるでしょう。

また、稼ぎや貯蓄があまりない若者をターゲットにするよりも、現役真っ盛りの働き世代をメイン顧客にした方が客単価も上がり、確実に収益が出ます。そこで今回はミドル世代のお悩みから見たアプローチ方法をご紹介していきます。

ライフデザイン脱毛とは

ここ最近耳にするようになったライフデザイン脱毛について、皆さんはご存じでしょうか?いわゆる介護脱毛のことを意味しており、40代以降のお客様に向けた新たな脱毛アプローチです。

今、40代以上の男女で脱毛を始める人が急増しています。少し前までは「脱毛は若い人がやるもの」というイメージでしたが、実際に脱毛クリニックやサロンに行ってみると中高年のお客様も少なくありません。彼ら彼女らの目的は介護時の負担軽減です。

介護の中でも一、二を争う問題が排泄物の処理です。介護する側にとっても、される側にとっても、精神的な苦痛と身体的な負担を強いられます。もし、赤ちゃんのおしりのようにツルツルなら拭きやすくてオムツ交換もすぐにできますよね。

しかし、成人となるとアンダーヘアが拭くのを邪魔して、なかなか汚れを拭き取れません。それがお互いのストレスをより大きくしてしまうだけでなく、雑菌がオムツの中で繁殖し、感染症にかかってしまうこともあるのです。

また、痒みやただれ、不快なニオイの原因ともなります。この排泄ケアの負担をなるべく減らし、スムーズに行うための助けとなるのがVIO脱毛です。介護を見据えた脱毛を総称してライフデザイン脱毛と呼んでいます。

参考:AERA dot.「アラフォー女性記者も体験 「下の毛」脱毛が中高年で増えている理由」

ライフデザイン脱毛をするメリットと宣伝方法

ライフデザイン脱毛を売り出していくうえで、メリットの打ち出しは欠かせません。通常の脱毛メリットとは別に、ライフデザイン脱毛だからこそ叶えられることを宣伝しましょう。ここでは介護する側、される側の視点に立ったメリットをそれぞれ紹介します。

介護する側のメリット

排泄介助は介護される側の尊厳にも関わる問題ですが、精神的苦痛を感じているのは介護する側も同じことです。実際、2013年に内閣府が行ったアンケート調査によると、介護で苦労したことの一位は排泄(排泄時の付き添いやオムツの交換)でした。介護経験者の62.5%が苦に思っているということが分かります。

この負担を軽減するのがライフデザイン脱毛です。別のアンケート調査では、アンダーヘアがあると排泄介助がしづらいと答えた人が全体の65.2%という結果に!また、5人に1人が介護に備えてアンダーヘアの脱毛をしておいてほしいと回答しています。

ちなみに、アンダーヘアが邪魔だからと、ハサミでジョキジョキ切ってしまう方もいるそうです。介護される側の気持ちを考えるとあまり良い処置とは言えませんが、アンダーヘアがあることによるデメリットを考えると致し方ないのでしょう。

もし、アンダーヘアの脱毛が済んでいればいらぬ羞恥心を与えることなくスムーズに介護できます。また、皮膚のかぶれや湿疹など、何か異常があった際にも発見が容易いです。嫌なニオイも軽減されて、介護する側の負担はグッと軽くなることは明らかですね。もはやVIO脱毛は介護される側のエチケットだと言えます。

参考:内閣府政府広報室「「介護ロボットに関する特別世論調査」の概要」(PDF)
参考:時事メディカル「◆アンダーヘア脱毛の新常識!脱毛ブームは中高年まで浸透~介護経験者の6割以上『介護脱毛』は必要と回答~」

介護される側のメリット

先ほど、羞恥心や尊厳について触れましたが、介護される側のメリットはそれだけではありません!最初の方で述べたように、アンダーヘアに汚れが絡みついて菌が繁殖する恐れがあります。免疫力や抵抗力が低い高齢者は、これが原因で感染症を発症してしまう危険性が高いのです!ここで、起こりやすい感染症を一部ご紹介します。

尿道炎

細菌が尿道へ侵入することで起こる疾患です。排尿時の痛みや痒み、頻尿、尿の濁り(尿道からの膿が原因)などの症状が現れますが、中には自覚症状がない場合もあります。尿道炎は放置すると尿道狭窄となることが多く、排尿に支障をきたすようになるため、早期発見・治療に努めることが大切です。

腎盂腎炎(じんうじんえん)

血液に乗った細菌による腎臓感染、膀胱や尿管から逆流した細菌などによる感染が考えられます。急性と慢性に分かれており、それぞれ症状も異なります。

急性の場合、40℃近い高熱や悪寒、頭痛、倦怠感、吐き気や嘔吐に加えて腰痛や下腹部痛などの重い症状が見られ、高齢者の場合は入院を要することが多いです。慢性だとほとんど自覚症状がありません。しかし、人によっては食欲不振や吐き気、微熱などの軽症状が見られることもあります。

症状が出始めた時には病気が進行していることが多く、高血圧や腎機能が低下しているケースが多いです。

萎縮性膣炎

閉経後は女性ホルモンの量が減り、膣の機能が衰えて萎縮・乾燥します。それにより、細菌による炎症が起こりやすくなり、痛みや痒み、膣からの出血、おりものの悪臭のほか、程度が酷いと外陰部が癒合してしまうことも……!おりものの異常や性器の痒みといった初期症状が出たら、すぐに婦人科を受診しましょう。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症

健常者であれば保菌していても無害ですが、高齢者など抵抗力や体力が低下している人が感染して感染症を起こすと、多くの種類の抗菌薬が効かないため、治療が進まずに重症化する恐れがあります。たとえば、肺炎、腹膜炎、敗血症、髄膜炎、腸炎などといった重症感染症の原因になりかねません。

参考:排泄ケアナビ「おむつ装着での起こりやすい症状」

例として挙げた感染症は一部でしかありません。他にもさまざまな感染症にかかるリスクがあります。衛生的で健康的な生活を送るためにも、介護を受ける前に脱毛をしておくのは大切なことです。これら2つのメリットを上手く宣伝に反映させてください。

更年期障害に対応した施術

ミドル世代ならではのお悩みが更年期障害です。女性であれば半数以上が更年期障害を抱えており、そのうちの77.3%が日常生活に支障をきたすほど悩んでいるという報告があります。しかし、誰にも相談せず、何も対処していない人が半数です。これは由々しき事態ではないでしょうか。同時に、これこそが潜在的なニーズだとも言えます。

参考:@DIME「中高年女性に聞く更年期障害の悩みと対処法」

悩みを抱える方々が毎日を過ごしやすくするために、更年期障害の緩和を目的としたメニューや店販の導入をすれば、自然と集客に繋がるでしょうし、サロンとして大きく転換・成長する機会になるでしょう。いち早くこの課題に気づき、サロンメニューに取り入れているビューティーパークに掲載中のサロンをご紹介します。

Sanbeaute サンボーテ

まだまだ施術できるサロンが少ない子宮セラピーが受けられる貴重なサロンです。骨盤を矯正して子宮を正しい位置に戻し、さらにハンドマッサージによって子宮とお腹全体の血液循環を良くすることで、女性ホルモンのバランスが整えられます。これにより、更年期障害だけでなく生理関係のお悩みや不妊など、女性特有の不調を改善できるのです!

プライベートサロンなので、周りの目を気にせずリラックスして施術が受けられるのも良いですね!また、ベテラン女性オーナーが経営するうえでのこだわりは「オールハンド」で施術することだそうです。機械を使わずに自らの手のみを使うことで、より細かいところまでお客様の体の状態を把握でき、適切にケアできるのだとか。

お客様にとっても人の手の温もりでホッとできてさらなるリラクゼーション効果がありそうですね!

Sanbeaute サンボーテ

〒700-0964
岡山県岡山市北区中仙道2-33-25

脳の休息ヘッド&ボディとお顔のセラピーroomりあん

一番の人気メニューはその時々の身体の状態や女性サイクルに合わせて頭、顔、ボディの全体を施術する「セロトニンup~ゆらぎ女子ホルモンリズム~」です。名前のインパクトもさることながら、その効果は折り紙付き。この道15年のベテランオーナーだからこそ、実現できる手技ですね!

もう一つ、りあんのメニューで特徴的なのは、脳のα波を瞑想状態のθ波に導くブレインセラピー。ホルモンや自律神経のバランスを整え、更年期障害に多い不安感やイライラ感といった精神的ストレスを軽減させます。ミドル女性だけでなく男性や受験前のお子様にも効果的だそうです。抜け目がありません!

脳の休息ヘッド&ボディとお顔のセラピーroomりあん

〒343-0845
埼玉県越谷市南越谷4-6-8-203 シャンティ南越谷203

ホロニック健美館 矢巾店

実はハーブテントより根強く支持されているのが「よもぎ蒸し」です。下腹部が温まるので、女性にとって大切な子宮周りの血行が促進され、女性特有の疾患やお悩みに高い効果を発揮します!

加えて、ホロニック健美館では食養生相談も行っており、マクロビオティック資格試験に合格したソムリエからその人の状態に合わせた食事のアドバイスもしてもらえます。食事面でのサポートも得られるとあれば、どれだけ効果が出るのか期待できますね!

ホロニック健美館 矢巾店

〒028-3609
岩手県紫波郡矢巾町医大通2−4−8 すきっと内

リラクゼーション麻

その土地ならではのものを上手く利用し、他ではなかなか真似できないオリジナリティを持ったサロンです。宮古島で満月の日にだけ収穫される満月月桃精油を使用したオイルトリートメントで、更年期障害を始めとする女性のお悩みを解消します。

漢方を使ったドリンクサービスも有り!ママさんオーナーがマンツーマンで施術してくれるため、なかなか相談できないことも親身になって聞いてくれる「お母さんに優しいサロン」です。ミドル世代の女性が求めている共感があるからこそ、リピーター率も高く支持されているのですね!

リラクゼーション 麻

〒906-0013
沖縄県宮古島市平良下里1番地 公設市場内1F

上の4店舗はそれぞれ、子宮セラピー、ヘッドセラピー、漢方、アロマといったそれぞれが得意とするやり方で更年期障害を和らげる施術をしています。更年期障害に見られる症状の多くは、自律神経の乱れやホルモンバランスの変化、そして情緒不安定な状態から起こるものです。

これらの問題を解決できる手段を皆さんはお持ちだと思います。たとえば、精神を落ち着かせる効果のあるアロマはゼラニウム、カモミール、ベルガモットなどたくさんありますよね。そういったものをミドル世代向けに宣伝すれば良いのです。

「なんだか無性にイライラする。なんとなく不安に駆られる。大人女性に多い心の波は、アロマの力で鎮めましょう!○○サロンこだわりのオイルトリートメントは当店の人気No.1メニューです◎ぜひ一度お試しください♪」

こんな風に、ターゲットとなる女性の共感を煽って宣伝するだけで、同じメニューでもいつもと雰囲気が変わります。これならすぐにでも対応できそうですよね。今あるメニューで更年期障害にアプローチできるものはないか、どんな言葉ならミドル世代に響くかを考えてみましょう。

ターゲット層の見直しとメニューの改善でさらなる集客を

今回のコラムは新しいメニューの導入など、サロンの方針決定の参考になったでしょうか?今の時点で集客や売り上げが伸び悩み、限界を感じているサロンオーナーの方は、ぜひターゲット層を見直してみてください。

そして、本当のターゲット層に合わせたメニューや雰囲気を作りましょう。また、既にミドル世代をターゲットにしている場合は、ライフデザイン脱毛や更年期障害ケアの導入を検討してもらえたらと思います。

これら2つは、今後ますますニーズが高まっていくでしょう。他のサロンと差別化を図るためにも、出遅れないように今から取り組み始めてください!