訪日外国人に人気の宿泊都市はどこ?

さて今回は現在インバウンドの方々が良く宿泊されている都市についてお話したいと思います。

(対象都市の方は特に注目です!)

 まずは下記のグラフを見ていただきたいと思います。やはり圧倒的1位は「東京」です。そして2位は大阪3位は北海道と、ここまでは順当な順位ではないでしょうか?驚きなのが6位に千葉9位に神奈川が入ってますね!

これは東京近郊や空港近くに宿をとっているということなんでしょうか?

2016年1月~7月都道府県別外国人延べ宿泊数BEST10

そしてその他は、観光資源が沢山ある都道府県が入ってます。 今年も訪日旅行客に人気のサイト「トリップアドバイザー」が発表した2016日本の人気観光名所ランキングがありましたが、こちらのランキングに出てくる観光スポットと上記都市のランキングは必ずしも比例してないことが分かります。

ちなみに人気の観光地ランキング1位は「京都の伏見稲荷大社」2位「広島の広島平和記念資料館」3位「広島の宮島」4位「奈良の東大寺」5位「京都のサムライ剣舞シアター」6位「東京の新宿御苑」7位「奈良のなら公園」8位「京都の金閣寺」9位「東京のアキバフクロウ」10位「京都の清水寺」となっています。

https://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/inboundattraction_2016/

まず皆さんに考えていただきたいことは、訪日外国人の旅行スタイルが、「体験型」に変わってきており、より日本人が普段の生活の中で行っていることを、同じように体験してみたいと思っている方々が増えてきているということです。

これは非現実的体験から生活に密着した普通の体験まで様々有り、宿泊先の周りでビジネスを展開している様々な業種の方達にとってより、チャンスと捕らえるべきではないでしょうか?

我々美容業界にあてはめていえば、自分達の国でも、生活の中で髪を切ったり、お化粧をしたり、爪を綺麗にしたりということは普段から当たり前のように行っている生活スタイルです。

①それを日本で体験してもらう。
②そして技術の違いを体感してもらい満足してもらう。
③満足が感動に変わると人は誰かに共有したくなる。
④それを見た友人、知り合いが自分も体験したくなる。
⑤お店に訪日外国人のお客様が増える。
⑥新規の売上げアップが見込める。

というような新しい売上げを作り出すことが可能ではないでしょうか?

この流れはまた詳しくお話しますが、この新しい「海外からの需要」を拾い上げられれば、国内で激戦になっているクーポン競争(価格競争)に巻き込まれること無く、顧客単価の高い、「全く新しい売上げを確保」することができると思います。

次回この「海外からの需要」を拾い上げなくてはならない大きな理由についてお話したいと思います。

タカっちでした。   À la prochaine fois.!