最近ちまたで騒がれている「民泊」ってご存知ですか?

一般的に民泊とは「個人が所有する一部やマンションの空き室などを旅行者に有料で提供し宿泊させること」をいいますが、なぜ今この民泊が騒がれているのでしょうか?

実は今、訪日外国人の数が爆発的に増えていることによって「宿泊先が足りない!」という状況が起こってます。(主に首都圏ですが・・・)

通常は旅行者を宿泊させるには「旅館業法に基づく営業許可」が必要になりますが、国も観光立国を目指していたり、2020年に東京オリンピックも控えていたりと益々訪日旅行客の数は増えていくと、宿泊させる側の数も同じように増やしていかないと泊まれる所が足りなくなるのは誰にでも想像できますよね?

「それじゃホテルなり、旅館なり沢山つくればいいじゃん!」と思われがちですが、このホテルを一つ作るのも、一筋縄ではいきません。

主に足りないのは首都圏ですから、そもそも土地や空きビルを探すのも一苦労です。(大阪ではホテル業者とマンション業者が土地の取得合戦をしているとかしてないとか・・・) いづれにしてもそんなに簡単にバシバシホテルを増やしていくことはできないようです。

それならばということで法律を新しくし、一定の条件を満たせば宿泊先として認められるようにしようという動きになってきています。それに伴い新たに様々な「民泊ビジネス」も生まれてきていますので、注目ですね。

まだまだ課題も多いみたいですが、地方創生の一つのきっかけ作りになりえる新しい産業ですので、今後の動向に注目&期待していきましょう!

タカっちでした!