お持ちのホームページはスマホ対応していますか?
実は、スマホ対応することで美容サロンの売上や認知度が上がるんです!ホームページで集客するならスマホ対応は必須ですが、具体的に何をすればいいのでしょうか?レスポンシブサイトって何でしょう?モバイルファースト?ユーザーファースト?インデックス?今回もウェブデザイナーの視点からスマホ対応するべき理由をご紹介していきます。

モバイルファーストインデックスとは?

モバイルファーストインデックスが何かをお伝えする前に、『インデックス』という言葉をご存知でしょうか?
これはサイトの情報をGoogleの検索エンジンのデータベースに登録することを言い、登録されることを『インデックスされる』と言います。

登録されると検索結果にホームページが表示されるようになります。ホームページが家だとすると、インデックスは住民登録に似ています

インデックスはGoogleの検索エンジンに登録すること、モバイルファイストインデックスはスマホサイトが主軸に評価されインデックスされる仕組み

2018年3月。Googleがモバイルファーストインデックスをインターネット上全てのサイト対象に行うことを発表しました。モバイルファーストインデックスとは、パソコンサイトでなくスマホサイトが主軸に評価されインデックスされる仕組みです。

つまり、自分が持っているホームページも、既にスマホサイトを優先的に評価されてしまっています!

この仕組みが話題になる前は、世の中のホームページはパソコンを主軸としていたため(パソコンファースト)、スマホサイトはパソコンサイトとは別に作られ、なおかつパソコンサイトの補足的な存在でした。

そういったスマホサイトは、情報が省かれていたりページが少なかったりするので、サイトの評価が低くなります。なるべくパソコンとスマホの情報量を同じにして、使いやすい形に変えることで評価は上がるでしょう。

レスポンシブデザインとは?

レスポンシブとは何でしょう?まずはインターネットの事情について知りましょう。

インターネット事情について知ろう

インターネットの世界は毎日めまぐるしく進化を遂げています。

一昔前はIEと呼ばれるInternet Explorerというブラウザのシェア率が高かったのですが、今ではiPhoneでおなじみのSafariやChromeと呼ばれるAndroidで有名なブラウザが大半を占めています。

当サイトもChromeとSafariで閲覧しているユーザーの割合が圧倒的に多いというデータが出ています。このグラフは、8~9月にユーザーが使用したデバイスの割合と執筆日にユーザーが使用しているブラウザとOSの割合です。

デバイスの割合は半分以上がスマホユーザー、ブラウザとOSの割合の殆どがchromeとsafari

※ブラウザとはインターネットで検索する時に使うアプリケーションのことを指します。
※このグラフはGoogle Analyticsによるデータです。
※Safari(in-app)とAndroid Webviewはアプリ内でサイトを表示した時のことを指します。

つまり、スマートフォンやタブレットで閲覧しているユーザーがパソコンよりも多いということになります。

身近な人を見ても、パソコンよりも手軽なスマホを見ている時間の方が多いはずです。もしかするとサロンのスタッフ内にも、働くまでパソコンなんて触ったことのなかった人がいるかもしれません。施術当日に、スマホで店舗情報やメニューを確認しながら来店するお客さんも多いはずです。

数年前まではパソコンも重要視されていましたが、今ではスマートフォンとタブレットに最適化されていることが特に重要になります。そこで今主流になっているのがレスポンシブデザインです。

レスポンシブについて知ろう

レスポンシブとは、1つのホームページでパソコン、タブレット、スマホのあらゆる端末の画面サイズに対して自動で幅を合わせて表示させるデザイン技術です。レスポンシブする=幅が可変する と言う意味で使われることがあります。ちなみに当サイトもレスポンシブサイトです。

パソコンで見ている方はブラウザの幅を狭めてみるとレイアウトが変わるのを確認できると思います。またスマホで見た時に、パソコンのレイアウトのままで文字が極端に小さく拡大が必要な場合は、レスポンシブになっていない証拠です。

この技術のメリットは、パソコン、タブレット、スマホなどの幅に合わせてレイアウトや文字サイズが柔軟に変化させることができる点です。

本来この3サイズを最適化させるためには、各端末に合わせて3サイト分が必要になります。ですがレスポンシブデザインを導入すれば、1サイトで3サイト分を賄うことができるのでとってもお得ですよね。

現在は1つのホームページであらゆるサイズに対応することができるのでお得!

更にタブレットやスマホでホームページが見づらくて諦めていたお客さんなど、今までターゲットにできなかったユーザーを狙うことができます。

ここで覚えておきたいのは、端末ごと全く異なるコンテンツを表示させるのは向いていない点です。なぜなら1サイトの情報を各端末ごと見やすい形で表示させているだけ、だからです。

ただ、どの端末でも一貫したコンテンツが表示された方がどこのサロンのサイトなのか解りやすく見やすさにもつながるため、結果的にメリットとなりえます。

レスポンシブのデメリットは何かと言うと、1サイトに3サイト分の情報を載せているので表示が若干遅くなります。

もし速さ重視でよいのであれば、パソコン・タブレットユーザーを切り捨てて、スマホデザインのみのサイトにして費用を抑える方法もあります。

ですが美容院のホームページ規模であれば、そこまで遅くなることはないでしょう。より多くのユーザーが見てくれるようにレスポンシブサイトにリニューアルして損はないと思います!

ユーザーファーストで考える

前回のサイトリニューアルについてのコラムでも書きましたが、ホームページの閲覧者はとても忙しいです。そのため、見やすく解りやすいデザインでないと見るのをやめてしまいます。

最適なユーザーファーストを考えましょう!

特にスマホでの閲覧はパソコンに比べ画面が小さいので、目に入る情報は少なくなります。そのため見つけたい情報までたどり着くことが難しくなります。だからこそ、シンプルで解りやすいサイトが必要になってくるのです。

だからといって、スマホデザインだけしっかり作り込んでいるのがベスト! というワケではありません。どんな環境でも見やすく使いやすいホームページに最適化されている、ということが評価につながるからです。つまり、モバイルファースト=ユーザーファーストと考えてサイトリニューアル(レスポンシブサイトの導入など)を行えば、おのずと検索順位も上がるということです。

そして、ターゲットに照準を合わせるのを忘れないようにしましょう。ネット上には様々なユーザーがいますが、すべての人が使いやすいデザイン=正解とは限りません。しっかりとターゲットを絞り、最適なユーザーファーストを考えましょう!

まとめ

現代のインターネットはモバイルファーストインデックスが導入されて、スマホ対応が必須になりました。

世間的にもパソコンよりスマホを使う割合が高くなっています。レスポンシブデザインはスマホ対応に最適なデザインで、パソコン、スマホ、タブレットの端末のサイズに柔軟にレイアウトや文字サイズを合わせることができます。

モバイルファーストインデックスで高い評価を得るためには、ターゲットを絞ることを忘れず、ユーザーファーストで考えましょう。解りやすさ見やすさを重視することで結果的に検索順位も上がります。