例年ならば、年末年始はクリスマス・大晦日・正月・成人式と、イベントが目白押しで各サロンでは繁忙期を迎えます。しかし、新型コロナウイルス感染症がいまだに終息しない今年は、例年通りというわけにはいかないでしょう。実際、家で静かに過ごすつもりの人が大半です。とはいえ、このような状況だからこそ取り組めることもあります。今回は、この冬ならではの営業・集客方法をお伝えするので、ぜひ売上アップに役立ててください。

押さえておくべき年末年始の4つの消費者傾向

本題に入る前に、まずお客様の心理や行動予測を立てましょう。なぜなら、お客様の動向に合わせた的確なアプローチが大切だからです。そこで、今年の年末年始で成功を収めるために押さえておくべきポイントを分析しました。それが以下の4つです。

・年末年始休暇は1226日~111日の最大17日間
・帰省や旅行をする人は激減
・プレゼントやお歳暮などのオンライン購入が増加
・プチ贅沢ニーズが高まる

年末年始の帰省や旅行、参拝などを分散させるため、政府は各企業に休暇を延長するよう要請しています。半月以上を休みにするのは現実的ではありませんが、前後に休暇をずらしたり、年末年始はシフト制にしたりなど、多くの企業で例年と異なる体制になるのは間違いないでしょう。

新型コロナウイルス対策が取られるとはいえ、移動中に感染するのを恐れて旅行をやめたり、高齢の両親や祖父母を気遣って帰省を諦めたりする人も多いです。普段とは異なる年末年始の過ごし方に戸惑う人も少なくないでしょう。

また、例年であればデパート等でクリスマス商戦が始まり多くの人で賑わいますが、今年はネット通販を利用してオンライン購入をする人が多いそうです。正月の定番である福袋に関しても、オンライン販売が主流になると思われます。

そして、最もサロン経営に関わる注目すべきポイントは「プチ贅沢ニーズ」です。今年は帰省や旅行で外出することもなく、忘年会や新年会も縮小・中止されることから、例年よりも出費が多くありません。そのため、食べ物やプレゼントなどをいつもより少し豪華なものにしたいという人が増えているのです。これは、サロンメニューでも同じことが言えます。少しおすすめするだけで、いつものメニューより高価なメニューをご予約いただいたり、オプションメニューや店頭物販を追加したりできる可能性が高いです。

このような状況を踏まえたうえで、年末年始の売上をつくるためにはどのようなメニュー展開をして集客すべきか、お客様にどうアプローチすべきかをご紹介していきます。

その1・年末年始限定メニューを打ち出す

多くのお客様は、今年の年末年始を家で過ごすと思います。しかし、長い年末年始休暇の間、ずっと家にいることに対して窮屈に感じる方もいるでしょう。また、クリスマスや年明けならではの特別感を味わいたいという方も少なくありません。そこで、そのようなお客様に向けて、普段のメニューよりもワンランク上の期間限定メニューを打ち出すことをおすすめします。

限定メニューとは言っても、新たに何か導入しなければならないというわけではありません。既存のメニューに複数のオプションを組み合わせた少しリッチなコースにしたり、特定のメニューにちょっとしたプレゼント(店販のサンプルなど)を付けたりする程度でも大丈夫です。大切なのは「いつもと違う」特別感を演出すること。貸し切りプランなど他のお客様と顔を合わせないサービスは、特別感の演出だけでなく新型コロナウイルスの感染対策の一環としても効果的です。

今年は家にいる時間が長い分、サロンで気分転換できるように上手く限定メニューを打ち出しましょう。もちろん、ただメニューを打ち出すのではなく、ホームページやDMなどで積極的にアピールしたり、来店されたお客様に口頭で案内して意識づけしたりなど、工夫することが重要です。

その2・セルフケア商品を販売する

新型コロナウイルスの影響で外出自粛をしていた4~5月にかけて、自分と向き合う時間が増えたことでスキンケアやヘアケアなどへの関心が高まりました。今年の年末年始も同様の現象が起こると推測できます。そのため、自宅で気軽に扱えるセルフケア商品を売り出すのは、非常に効果的と言えるでしょう。クリスマス前はプレゼントにもできるよう、包装紙やギフトバッグなどを用意しておくと親切ですね。

可能であれば、今の巣ごもり消費ニーズに合わせてオンライン販売をするとなお良いです。サロンのホームページやネットショップ、各種通販サイトを活用してみてください。すると、サロンのお客様だけでなくその他の人々にも購入してもらいやすくなるので、より売上をアップさせることができます。

ちなみに、店頭で販売する場合は施術中や施術終わりに取り入れ、使い方や効果を説明しながら実際に使用すると、お客様の購買意欲が高まります。

その3・サロンオリジナルカレンダー無料プレゼント

calendar-2021

10月後半~12月にかけては、翌年のカレンダーやスケジュール帳が出回る時期です。この風潮に乗って、サロンオリジナルカレンダーの無料プレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

スケジュール帳は人によっては不要な方もいますが、カレンダーはいくつあっても使えます。特に、意外と需要が高いのは会社のデスクやテレビ台の上、洗面台付近など、ちょっとしたスペースに置ける小さな卓上カレンダーです。A5B5サイズの卓上カレンダーはよく見かけますが、手のひらサイズのミニカレンダーはなかなかありません。ミニカレンダーのプレゼントは多くのお客様に喜ばれるでしょう。

その際、確定しているサロンのイベント情報を盛り込めば、その期間に来店してくださる確率が高まります。また、あえて1年分ではなく3か月(あるいは1か月)ずつ渡して、次回の来店日(来店めやす日)を丸で囲うなどすると、再来店の促進にも役立ちます。無料でカレンダーを印刷できるサイトも多数あるので、ぜひ活用してみてください。

その4SNSやブログのこまめな更新、動画投稿

man-writing-blog

休みが長いとそのうち家でやることがなくなり、何となく手持ち無沙汰になってスマートフォンの閲覧が増える傾向にあります。暇だからとりあえずスマートフォンで何か見よう、何か調べようと思った経験は、多くの方に覚えがあるのではないでしょうか。

ですから、この行動を上手く利用してサロンのブランディングに役立てることをおすすめします。

SNSやブログなどで、今人気のデザインやトレンドを発信したり、おすすめの商品やケア方法を紹介したりするのです。髪や肌に関する豆知識や、メイクの仕方などを動画にまとめるのも良いでしょう。あるいは、オンラインでのサロン見学会と称して、サロンの内部や施術の様子、使っている商材の説明などを簡単にまとめた紹介動画を作るのも良いですね。お客様にサロンの雰囲気を感じていただけるだけでなく、求人募集をかけている場合は応募のきっかけにもなるかもしれません。

今年は感染拡大防止のために予約数を制限しているサロンも多いかと思いますが、予約制限によって空いた時間を利用し、サロンのブランディングや宣伝に注力するのも一つの手です。

関連:美容師YouTuberに負けない!集客に繋ぐ活用方法と初心者向け動画制作アプリ

その5・新成人の呼び込み

seijinshiki

2021年の成人の日は111日。よって、土曜日の9日から成人の日当日の11日に成人式を行う地域・自治体が大半です。新型コロナウイルスの影響で規模を縮小、あるいは複数回に分けて行う予定の自治体が多いですが、今のところ中止する地域はほとんどありません。そのため、例年通り成人式に向けてヘアセットや着付け、ネイル、脱毛などの準備をしておくことをおすすめします。

ただし、新型コロナウイルスの感染状況によっては、行政判断でやむを得ず延期または中止になってしまうかもしれません。今年はそのような場合も考慮して、柔軟に対応できる姿勢を示す必要があります。以下はその対応例です。

・延期になった場合は、優先的に予約を取り直す
・中止になった場合は、施術料金の30%返還/キャンセル料なし

あらかじめ、このようにきちんと取り決めておくことで、お客様の不安をやわらげることができ、予約のハードルが下がります。成人式はどのジャンルのサロンにとっても集客チャンスが広がるイベントです。「今回は無理だろう」と諦めることなく、むしろこのような状況だからこそ他のサロンに差を付ける絶好の機会と捉えましょう。

お客様に安心を与える最先端の新型コロナウイルス感染対策

引き続き外出自粛傾向にあるとはいえ、年末年始は普段よりも人の往来が増えるでしょう。上記の方法を取り入れて、積極的に集客をするならなおさらです。既にマスク着用や換気、アルコール消毒などを行っているとは思いますが、さらに新型コロナウイルス対策を徹底することでお客様が来店しやすくなります。そこで、美容業界30,000社以上との取引実績のあるビューティーパークがおすすめするサービスを3つご紹介します。

非接触式ディスペンサー

dispenser

3波が到来したと言われている現在、ほとんどのサロンでは来店時や施術前後などに手指の消毒を行っていると思います。しかし、プッシュタイプの消毒が大半ではないでしょうか。このタイプはボトル自体に多くの人が触れているので、逆に非衛生的かもしれません……。

ですが、非接触式ディスペンサーなら手を差し入れるだけで消毒液が出てくるので、清潔さを保ったまま消毒することができます。さらに、プッシュタイプと違って必要量だけが出てくるので、消毒液の無駄を無くしコスト削減もできるのです。1日に何人も訪れるサロンでは消毒液の消費量も多くなります。新型コロナウイルスの影響を受け、少しでも安全と利益を守りたい今こそ、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

詳細を知りたい方やお申し込みをご希望の方はこちら
非接触式ディスペンサー

電子雑誌閲覧サービスKono

Kono@

特に美容室では紙媒体の雑誌を置いているところが多いと思いますが、衛生管理を徹底しなければならないからと言って、雑誌まで消毒するのは難しいでしょう。一部のサロンでは消毒しやすいiPadなどのタブレット端末を利用しているところもありますが、維持費や壊れた時の修理費は馬鹿になりません。そこで役立つのがKono@(コノアット)です。最近では情報番組でKono@を導入したサロンが紹介されて話題にもなりました。

Kono@はGPSを活用した電子書籍閲覧サービスで、登録されている店舗内にあるスマートフォンやタブレット端末でなら200誌以上の雑誌を自由に閲覧できます。つまり、お客様自身のスマートフォンで電子書籍を閲覧していただけるので、感染症対策をしながらもコスト削減ができるのです。サロンとお客様の双方にメリットがあるサービスと言えるでしょう。

詳細を知りたい方やお申し込みをご希望の方はこちら
多言語対応電子書籍Kono@

H&BP遺伝子検査キット

genetic-testing

有名な芸能人が行っていることで認知が上がってきた「遺伝子検査」は、お客様に直接相対しなくても提供できるサービスです。H&BP遺伝子検査キットでは、肥満遺伝子・肌老化遺伝子・生活習慣病遺伝子を調べることができます。肥満遺伝子からは太りやすい食べ物や効果的なダイエット方法、肌老化遺伝子からはシワやシミのできやすさや予防方法、生活習慣病遺伝子からは糖尿病や脳血管疾患などの先天的リスクと予防方法が分かるのです。

自分の遺伝子を知ることで、日常に潜むリスクを避け、生活を改善することができます。特にエステサロンやリラクゼーションサロンでは導入店舗が続々と増えており、女性を中心に人気の高いサービスです。

サロンで購入後、お客様自身で遺伝子の採取をしていただき検査機関に送るので、お客様と接触する必要がありません。また、検査結果を伝える時も、口頭ではなく電話やメール、ビデオチャットなどを活用すれば安全を保つことができるので、お客様には安心してご利用いただけるでしょう。オンラインサービスの拡充にも役立ちます。

詳細を知りたい方やお申し込みをご希望の方はこちら
H&BP遺伝子検査キット

2020年~2021年の年末年始こそ大きなチャンス!

measures-against-covid-19

多くのサロンでは年末年始(特に年末)にお客様が集中し、来店客が多い時は回転率を上げることにばかり注力してきたのではないでしょうか。お客様へのサービスの質よりも短時間でお客様を捌くこと(=できるだけ早く終わらせること)に目が向いて、お客様に不満を抱かれることもあったと思います。

せっかく初来店してくれた新規顧客がいても、十分なサービスを提供できずリピートに繋がらないというケースもあったのではないでしょうか。ですが、今年はどんなに宣伝をしても、新型コロナウイルス対策をしても、今まで通りの集客は望めない可能性が高いでしょう。

しかし、だからこそ今年はお客様一人ひとりに丁寧に向き合い、サロンならではの特別な体験を味わっていただけるチャンスです。新型コロナウイルス対策に力を入れつつ、この年ならではのサービス展開をして、お客様との良好な信頼関係を築いていってください。

関連:年末年始キャンペーンで売上を伸ばす!サロンの今後に繋げる集客術
関連:安心して通えるサロンづくり 美容サロンでできる感染症予防法まとめ
関連:アフターコロナ・第3波に備える!美容サロンでやるべき感染対策とは