今や男性でも見た目に気を遣う人がほとんど。しかし、美容室は女性が多く敷居が高くて行きづらいという方も多くいます。そこで注目されているのがメンズ専門の理美容室です。今回はそんな男性専用のヘアサロンに焦点を当てて、実際のサロン例をもとにその魅力と上手な売り出し方をご紹介します。このコラムを参考に、低コストでも集客しやすく売上に繋がりやすい仕組みをつくってください。

メンズ専門美容室のメリット

美容室といえば女性が利用するイメージが強く、実際メンズ専門の美容室はかなり少数派です。理容室の数自体も美容室の半分以下と、その差は歴然としています。そのような状況の中で、あえて男性に特化した美容室を開業するメリットとは何なのでしょうか。一つずつ見ていきましょう。

まず、男性は女性に比べて来店サイクルが短いです。男性客は髪の伸びるスピードに合わせて約1か月おきに来店します。一回あたりの平均客単価は男性の方が低い傾向にありますが、来店頻度を鑑みると一年間あたりの客単価は女性客に引けを取りません。

さらに定着率が高いのも男性客の特徴です。行きつけの美容院や指名したい美容師がなかなか見つからずサロンジプシーになる人は、感情で判断する女性に多い傾向があります。しかし男性は仕上がりやかかった時間、料金に満足すれば、その後も長く通ってくれる人が多いのです。

そしてリピート率が高ければ、集客にかけるコストは最小限で済みます。そのため、売上は変わらなくても利益を上げることができるのです。「業績を伸ばすには売上を上げなければ!」と、つい思ってしまいがちですが、経営を成功させる一つの施策としてコスト削減も重要な役割を持ちます。

また、売り方によっては店販比率をアップさせることができるでしょう。なぜなら、男性は日常的にスタイリング剤を使う方が多く、抜け毛・薄毛などのお悩みを抱える方も大勢いるからです。店販の必要性をきちんと理解してもらえれば、定期的に購入してもらうこともできます。

関連:「店販売上向上の工夫とは?サロン店販ポップ作成の注意点【薬機法その②】」
関連:「サロンの店販売上がアップする4つのポイント 【薬機法その⑤】」

一度は行きたい男性向け理美容室5

男性客をターゲットにすることで大きなメリットが得られることが分かりました。それでは早速、男性に人気の高いメンズ専門サロンを5店舗ご紹介します。それぞれの特徴に注目しながら、どのようなサロンが求められ、成功しているのかを探っていきましょう。

JADE(ジェイド)

つくばで人気の理容室といえばここ、JADEです。落ち着いて施術を受けたい大人の男性から絶大な支持を得ています。平日は理容室としては遅めの21時まで営業しているので、仕事帰りに一息つく場所としてもぴったりです。

床屋ならではの顔剃り・シェービングやひげ、眉のお手入れもできることから、髪型だけでなく顔の印象も変えたい男性に人気が高く、おしゃれな美容室に引けを取らない高品質なサービスを提供しています。さらに、男性に多い加齢臭や薄毛の相談にも親身に乗ってくれるので、アラフォー以上の男性からも厚い信頼を得ているサロンです。

JADE

〒305-0821
茨城県つくば市春日2-21-13

men’s hair Frederick(メンズ ヘア フレデリック)

エリア初のメンズ専門ヘアサロンとして福岡のメンズ美容を盛り上げているのがmen’s hair Frederickです。2018年にオープンして以来、こだわりの空間づくりと丁寧な接客で着実に人気を集めています。半個室のプライベート空間で人目や騒音を気にせずゆったりと寛げるので、小さなお子様から壮年の男性まで世代を問わずに広く利用されています。

意外なことにFrederickの看板メニューは、多くのサロンでサブメニューとして扱われているヘッドスパ。ミストを使用しながらやさしくマッサージして頭皮の汚れを取り除き、リンパの流れを促進します。公認ヘアケアマイスターによる頭皮チェックや頭皮ケアのアドバイスも行っているのが人気の秘密です。

men’s hair Frederick

〒831-0004
福岡県大川市榎津325-2 ヴィラベルディ2F

ORBIT hair design 「大人メンズ専門店 男は床屋だ!」(オービット ヘア デザイン)

ハイセンスな短髪とスタイリッシュなパーマスタイルを得意としているORBIT hair designは、約50年もの間2040代の男性を中心に人気を誇るメンズサロンです。おすすめメニューは「近未来デジタルアイロンパーマ」。髪の内部からダメージを補修し、形状記憶毛髪をつくり出すため、軽く乾かすだけでスタイリングできます。

また、育毛にも力を入れており、育毛診断士が薄毛や抜け毛の原因・対処法やシャンプーの選び方など、ホームケアについてもアドバイスしている本格仕様。最先端の「ヒト幹細胞培養液育毛」も取り扱っています。いつまでも若々しくいたい男性の強い味方です。

ORBIT hair design 「大人メンズ専門店男は床屋だ!」

〒377-0002
群馬県渋川市中村683-1

Tip hair(チップ ヘアー)

Tip hairは「男性に優しい美容室」をモットーに、入りやすく居心地の良い空間づくりにこだわっています。その甲斐あって、地域で愛されて20年。多くの男性にリピートされています。年間1,500人以上の男性を施術する技術と経験に裏打ちされた、スタイリング剤を使わなくても簡単にキマるヘアスタイルが評判です。オプションサービスに眉カットがあるのもポイント。

少し整えるだけで清潔感のある洗練された印象になれると根強い支持を受けています。男性は女性ほど眉毛を気にしない方が多く、また、自分で抜いたり切ったりしても何となくしっくりこないという方も多いです。だからこそ、Tip hairで眉を整えた後はその変化に驚き感動する男性が続出しています。

Tip hair

〒471-0076
愛知県豊田市久保町3-26

エアラ*プラス

エアラ*プラスは、全国展開しているメンズ向け美容室「LUCIDO STYLE(ルシードスタイル)」とコラボした美容室です。その最大の特徴は圧倒的な空間の広さ。メンズ専用ブース、レディース専用ブース、個室ペアブースと利用者に合わせて空間を分けており、誰でも気兼ねなく来店できる造りになっています。

また、あまりヘアスタイルにこだわりのない方や、自分に似合う髪型が分からないという方に対しても、職業やライフスタイル、骨格や顔のバランスを見極め、周りと差が付くデザイン性の高いスタイルを実現。印象が、ひいては人生が変わるカットを提供しているサロンです。

エアラ*プラス

〒514-0812
三重県津市津興2955

男性向けサロンの3つの売り出し方

これら5つのサロンの特徴やビューティーパークカレッジが収集したノウハウをもとに、ここからはどのように売り出せば集客や売上獲得に繋がるのかをお伝えしていきます。どんなに技術が高くても、どれだけ接客が丁寧でも、サロンの見せ方やお客様との繋がりを意識しないと期待する結果は得られません。人気のあるメンズサロンにするために必要な3つのことを押さえておいてください。

①「メンズ限定」をアピールする

男性にもフォーカスした美容室でよく見かけるのが「メンズ歓迎」の文字。しかし、集客するためにはこの言葉だけだと弱く、男性の来店率は上げられません。というのも、美容室は女性が行く場所というイメージが先行しているからです。実際に美容室へ行ったことがある方も、居心地の悪さに理容室へ戻るケースが多々あります。

つまり、男性の多くは美容室に興味はあっても行きづらさを感じているということです。このように「歓迎」だけでは女性向けという認識が拭えませんが、「メンズ限定」とすれば美容室へ行く敷居が低くなります。「メンズ限定サロン」、「メンズ限定割引」、「メンズ限定メニュー」という具合に「限定」をアピールすることで、男性が来やすくなるのです。これは、メンズ専門ではないサロンでも応用できるので、ぜひ試してみてください。

②コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザーの役に立つコンテンツを制作し、有益な情報を発信することで見込み客の潜在ニーズを掘り起こしたり、ファンとして定着させたりする営業・販売戦略のことです。これをサロンでも積極的に行うことで、集客だけでなくサロンブランディングにもなります。

ホームページやブログ、SNS、予約サイトなどを上手く活用して、定期的に男性に役立つ情報を広めていきましょう。たとえば今人気のヘアスタイルやブローの仕方、おすすめのシャンプーや頭皮ケアの仕方など、題材は豊富にあると思います。このような情報を週に1回のペースをめやすに発信していってください。長期的に続けることで効果を実感できるはずです。

③リラクゼーション

男性でも癒しを求める人は多くいますが、エステサロンやリラクゼーションサロンは女性専門のところが多く、美容院以上に来店の心理的ハードルが高い場所です。しかし、休養やリラックスすることは性別に関係なく誰にでも必要なこと。そこで理美容室の存在が重要になってくるのです。

理美容師によるヘッドスパや頭皮マッサージ、肩もみにはリラクゼーション効果があります。男性でも通いやすく頼みやすいため、理美容室でのサービスは多くの男性客の癒しとなるでしょう。一度気に入ってもらえれば頭髪のお手入れのためでなく、少し疲れた時に行く場所として定期的に通ってもらえます。

理容室で取り入れたい今どきヘアスタイル3

理容室、いわゆる床屋はおじさんの行く場所というイメージがあり、少し前まで若者には敬遠されがちでした。実際、バーバースタイルといえば七三分けやオールバック、角刈りなどが代表的ですが、この髪型をしているのは中年男性が多いです。

しかし、独自の工夫やこだわりでブランディングに成功し、若い世代にも人気のある理容室が増えてきています。そこで若者の集客に力を入れたい理容室向けに、今どきのヘアスタイルをご紹介します。トレンドをしっかり押さえて、世代を問わず集客できるサロンづくりに役立ててください。

①フェードカット

alloy[東京都/代官山]

フェードカットは欧米で流行っているベリーショートの刈り上げスタイルで、海外の有名人が取り入れたことにより、日本でも人気上昇中のヘアスタイルです。下から上にかけてグラデーションをつけながらバリカンでカットしていきます。❝fade❞が持つ「徐々に移り変わる」、「次第に消えていく」という意味のように、長さを少しずつ変えた濃淡のあるスタイルが特徴的です。理容師ならではの高い技術力が求められます。

②ツーブロック

ブルーモスクTOKYO[愛媛県/松山]

学生から社会人まで多くの男性に人気のヘアスタイルがツーブロックです。ご存じの通り、サイドから襟足にかけて刈り上げていきます。フェードカットとは異なり、刈り上げ部分とトップがはっきり分かれているのが特徴です。

しかし、ツーブロックは定番スタイルのためマンネリ化しがちな髪型でもあります。そんな男性におすすめしてほしいのがパーマです。自然なカールをつけることで一気に垢抜けることができます。また、トップがぺったりとしてボリュームダウンが気になる方でもおしゃれに仕上がります。

③ソフトモヒカン

Cure2 (キュアキュア) [神奈川県/川崎]

サイドを刈り上げてトップに長さを残すソフトモヒカンは、男らしさが強調されることから根強い支持を受けているヘアスタイルです。どの世代にも合うベーシックスタイルですが、若者受けを狙うならカラーを入れるのがおすすめ。明るめのカラーを入れることでおしゃれ度がプラスされるからです。特に、写真のようにグラデーション風にすると、立体的なスタイルが引き立ちます。

今がメンズ向け理美容室の転換期

以前「メンズ美容が今アツい!サロンで取り入れたいおすすめのメニュー」で取り上げたように、近年は男性を取り巻く美容状況が著しく変化しています。デオドラント製品や男性用コスメの普及とともに、外見や身体のケアに気を遣う男性が増えてきました。若い世代を中心に、メンズ美容が世間に浸透しつつあります。

そんな中で、最も大きな変化が起きているのは間違いなく理美容室です。今が新たなメンズ時代への転換期とも言えるでしょう。これからの時代は、必ずやメンズ美容が台頭してくるに違いありません。この絶好の機会を逃さず、ぜひ男性向けのサロンづくりに一層力を入れてください。