「新メニューを増やしたい」「新しい美容商材を探している」といったサロンのオーナー様にオススメの海外トレンド【足先ケア】をご紹介します!

むくみ対策や脱毛、脚痩せマッサージなど、脚に気を遣う女性は多いですよね。誰しも一度は美脚に憧れたことがあると思います。
しかし!見落としがちなのが足先のケア!!足の裏やかかとのボロボロな角質、指の間の蒸れ、靴擦れや水ぶくれなど・・・足は悲鳴を上げているのに、「どうせ見えないから」と適切なケアを怠りがちです。

ところが、夏はサンダルを履く機会が増え、冬になればブーツの登場でさらに足蒸れやニオイが気になってくるのが実情です!
足のトラブルは目に見えづらいですが、一定数の方が悩みを抱えています。だからこそ、今後はそれらのお悩みを解消するメニューが求められると言えるでしょう。

足先事情をチェック!

男女問わず足の嫌な臭いに悩む方は多いですが、なかでも女性のお悩みは深刻・・・女性はブーツやストッキングなどの蒸れやすいものを履くため、女性の足は男性の5倍も臭うそうです!!

足のニオイの主な原因は「蒸れ」と「古くなった角質」。高温多湿で雑菌などのエサとなる角質が豊富な靴の中は、まさに雑菌の理想郷!
しかも、そのまま放置しておくと皮がむけたり、あるいは硬くなって白くひび割れたりと、見た目もひどくなってしまいます。
せっかくオシャレなフットネイルをしていても、足爪や角質の状態によっては目にする人にマイナスの印象を植え付けてしまうかもしれません。

では、美容市場規模が大きいヨーロッパの足先事情はどうなのでしょう?
ヨーロッパでは朝から晩まで靴を履いて暮らす人が多いため、比較的足のトラブルが起こりやすい状態です。
とはいえ、大抵の人は自分で足のケアをします。定期的にお手入れすることが普通だからです。そのため、自宅でできるフットケアグッズが充実しており、ケア方法を紹介しているサイトも多種多様にあります。

今回はその中から厳選したものをいくつかご紹介します。

ヨーロッパ式の足先ケア!

①保湿

まず何よりも大事なのが保湿!美しくすべすべな足先を保つため、フランス人女性は毎日保湿をしています。
お風呂上がりにサッとクリームを塗るだけですが、このちょっとした手間が大事なのだそうです。
また、日本と比べて夏も乾燥した気候のため、夏場でもフットオイルを塗っています。

②ゴマージュ

日本でも耳にすることがある「ゴマージュ」は実はフランス語!本場、フランスではゴマージュも自宅でのお手入れの一つとして広く取り入れられています。
そもそもゴマージュとは、ハーブや植物の種子を細かくした天然素材の粒子で肌をこすることで古い角質を除去する方法のことです。天然由来の成分であるため、ケミカル成分を使ったピーリングや、微細な粒子であるスクラブよりも肌に優しいのが特徴です。

③爪のお手入れ

爪は綺麗に切りそろえてください。不必要に爪を伸ばしたままだと、爪が変形するほか、爪の間にゴミが溜まってしまい、悪臭の原因にもなってしまいます。足の爪は円形に切るのではなく、平坦になるように整えるのがポイントです!無理に円形に切ると巻き爪になる恐れがあります。
そして爪にもオイルを塗ってマッサージしてあげましょう。保湿に優れており、乾燥を防ぐことがます。この時使うオイルはオーガニックだと肌に優しいです。傷んだ爪をケアし、爪の補強やツヤ出しをするのに向いています。

ヨーロッパでよく使われているケア商品

ヨーロッパで人気の足ケアグッズを大公開!

①ロクシタン「シアフットクリーム」

出典:ロクシタン公式サイト

言わずと知れたフランス発祥のブランド、ロクシタン。ロクシタンといえばハンドクリームが有名ですが、フットクリームもすごいのです!
一度使ったらリピート確定とも言われるほど愛用者が多く、 世界各国で高い人気と確かな信頼を誇っています。

注目すべきは殺菌・抗菌作用があるラベンダーオイル!水虫にも効果的です!
良質なハーブの栽培が盛んな南フランスの代名詞と呼ばれるラベンダーの香りはリラックス・ストレス緩和の効果の他に、生理痛・PMSといった女性特有の悩みにも働きかけてくれます。フランスで人気なのも納得がいきますね。

参考:ロクシタン公式サイト

ToullGo「電動カルスリムーバー」

出典:ToullGO公式サイト「カルスリムーバー」(※英語版サイト)

カルスリムーバーとは角質除去器のことです。こちらの機器は非常にレビューも高く、満足度はなんと99%!なかには、ガサガサだったかかとが、まるで赤ちゃんのかかとみたいに綺麗になったという喜びの声も!速度が二段階あるのと、使用後の手入れのしやすさ、そして何より効果の高さが絶賛されていました。

角質除去機によっては刃が鋭いものもあるので、取り扱いに気を付けなければいけません。AHA(フルーツ酸)やサリチル酸など、角質溶解剤を配合したアイテムを使って皮膚を柔らかくして肌への負担を軽減させ、アフターケアとして保湿クリームを併用すると、より効果が感じられます。

参考:ToullGO公式サイト「カルスリムーバー」(※英語版サイト)

MaxKare「フットバス(足浴器)」

出典:MaxKARE公式サイト「フットバス」(※英語版サイト)

ヨーロッパではお湯に浸からずシャワーだけで済ませる場合がほとんどのため、足のケア用にフットバスが発達したようです。
こちらのフットバスは、泡が足裏のツボを刺激し、高いリラックス効果と健康増進効果を得られます。なんでも、中国式のマッサージ法を取り入れているのだとか。
また、好みのバスソルトやオイルを入れて楽しむこともできます。

ぬるめのお湯を使用することで、リラックス状態に働く副交感神経の働きが高まります。普通の桶を使用するのもよいですが、アロマによっては水に溶けないものもあるので、撹拌できるように機器を用いると高い効果が期待できます。

参考:MaxKARE公式サイト「フットバス」(※英語版サイト)

サロンメニューとしての取り入れ方

ここまで、足先ケアについて述べてきましたが、それではどのようにしてサロンに取り入れたら良いのでしょうか?
実際にフットバスやアロマ、ヨーロッパの施術を導入しているサロンを例に挙げてご紹介します。

Suasie (スアシエ)

Suasie(スアシエ)」は東京都南青山の足専門サロン!
こちらではアロマオイルを垂らしたフットバスのメニューがあります。
保湿・消臭効果のあるグリーンティーパックをあわせて受けると効果的です。
代謝を促進し、慢性的な冷えやむくみにお悩みの方の体質改善をお手伝いしています。

Suasie

〒107-0062
東京都港区南青山5-5-20 天羽ビル3F

ネイルサロン ぽぽりっしゅ

東京/中野の「ネイルサロン ぽぽりっしゅ」ではフットケアとして巻き爪や水虫のケアをおこなっています。
ネイルだけではなく、マッサージや色彩心理を用いた施術プランもあり、男性のお客様のご利用も多いそうです。

ネイルサロン ぽぽりっしゅ

〒165-0027
東京都中野区野方6-25-14

Nonnon フットケアサロン

大阪の「Nonnonフットケアサロン」では、ドイツ式のフットケアを取り入れています。
古くから足のケアの習慣があったドイツで生まれたケアです。
ネイルケアに角質除去、足つぼマッサージなど、さまざまな方面から美脚作りにアプローチできるのが魅力です。

Nonnon フットケアサロン

〒572-0047

大阪府寝屋川市大利元町21-18 大黒ビル1F

専用のフットバス機器でなく、大きな桶にお湯を張って足をケアするだけでも効果が期待できます。
お客様のお悩みに合わせてアロマオイルを加えるサービスがあると素敵ですね。
ヨーロッパで人気のラベンダー以外にも、ティーツリーオイルでは水虫対策やデオドラント効果が期待でき、ベルガモットのオイルには冷え性や安眠にも効果があるので、自宅でのフットアイテムとしてアロマの店販品を用意しておくとお勧めしやすいです。

店販に苦手意識をお持ちの方は、連載コラムの「サロンの店販売上がアップする4つのポイント」をおさえるだけで効果が期待できますよ。

小規模なプライベートサロンでは待ち時間にフットバスを用意したり、日本ではまだまだ馴染みの薄いゴマージュをメニューのとして付けたり、角質除去後の保湿ケアとして塗ったクリームやワセリンのサンプルをおして、気に入っていただけた方に店販品を購入してもらうなど、さまざまな取り入れ方が考えられます。

おわりに

今回ご紹介したのはヨーロッパの足先ケアについてでした。
サロンの雰囲気やメニュー、施術の目的によって、何をどう取り入れるかは変わってきます。
ご自身のサロンの価値を高めるため、お客様により満足していただくためにも、じっくり検討してみてはいかがでしょうか。

この他に弊社では、ここ十年程の美容業界動向や、海外の美容情報を分析したデータを蓄積しており、それをもとにした経営ノウハウや新たな美容商材の取り扱いもしています。「ちょっと話だけでも聞いてみたい」という方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。あなたのサロンに合った最適なサポートをさせていただきます!